Ode to Joy!

子供とたくさん旅したい♪目指すは47都道府県制覇!

《ボードゲーム》大人も子供もハマる!開拓者になるボードゲーム「カタン」

スポンサーリンク

 

「カタン」というボードゲームをご存知でしょうか?

 

 

カタン スタンダード版

カタンスタンダード版

 

お正月に家族で遊んでみようかと思い購入してみたところ、息子がこれに大ハマり!

冬休みが終わっても、毎日のように「カタンやろ~!」攻撃です。

やってみるとこれがなかなかに楽しく、だんだん夫も私もハマってしまい、

いつしか土日の夕食後はボードゲーム大会が我が家の定番となりました。

  

今回はそんな大人も子供もハマってしまうボードゲーム、カタンについてです。

 

目次

 

カタンとは

1995 年にドイツで誕生した、世界で3000万個以上の販売数を誇るボードゲームです。世界大会も開催されています。

ドイツゲーム大賞、日本テーブルゲームグランプリなど、様々な賞も受賞しているようです。 

 

モノポリーと並ぶボードゲームの定番ともいわれています。

 

次はモノポリーも買ってみようかと思っています。

 

カタンは難しい?

カタンは小学生からでも十分遊べるわかりやすいゲームです。

資源の組み合わせなどを覚えてしまえば、特に何か見ながら、、などという必要もなく進めていけます。

遊び方の動画も見ればわかるようにもなっていますので、説明書をじっくり読むのが苦手(私もです(^^;)という方でも大丈夫ですね!

 

カタンの魅力

・お互いに助け合ったりうまく利用したりと、「交渉力」が楽しく学べる 

・運だけや戦略だけでは勝てない、大人もハマってしまう奥深さ

 ・マップはその都度変えることができるので、毎回違う展開が楽しめるので何度でも楽しめる

(組み合わせは2兆以上もあります!)

 

「交渉力」を楽しく学べるゲームとして、
一部の商業高校では”交渉学”の教材として活用しているところもあるそうです。

 

カタンのストーリー設定

カタンスタンダード版 タイル

 

カタンは次のようなストーリー設定になっています↓

 

 ”舞台は大航海時代、未開の島「カタン島」で陣取り合戦
探検者によって偶然発見された無人島「カタン」。資源が豊富なこの島を舞台に開拓競争がスタート。
最初に拠点となる家(開拓地)を建ててそこから島全体に陣地を拡大。

もっとも早く島を開拓した人がカタンの支配者となる”

(メーカー商品説明より)

 

遊び方

ざっくりと説明しますと、プレーヤーはカタンという未開拓の島にやってきた開拓者で、サイコロを振って出た数字の資源(木材・レンガ・石など)を入手して島を開拓していきます。

資源を組み合わせて作れる、道や基地、都市を建設していきポイントを貯め、

設定されたポイントに最初に達したプレイヤーの勝利となります。

 

プレイ時間はちょっと長め

とても面白いのですが、1回のプレイでだいたい1時間ほどかかります。

場合によってはもっとかかることもありますので、家族で遊ぶときは忙しいお母さんが時間に余裕のある時がいいですね~。

 

拡張版も出ています

 

スタンダード版はプレイ人数4人までですが、

5,6人まで増やせる拡張版というのもあります。

拡張版にはスタンダード版にはない新たなアイテムなどが加わったものも色々と出ているようです。

 

 

 時間がない時はこちらもおススメ!

 

我が家にはブロックスというボードゲームもありますが、こちらもなかなか面白いです♪
ルールもとても簡単で単純な陣取りゲームなので、幼稚園児ぐらいから遊べます
サクサクやれば20分ほどで終わるので、時間があまりないときでもサクッと遊べます。
 
 
 

カタンまとめ

欲しい資源がなかなか手に入らない時は、他のプレーヤとの交渉で手に入れることも可能なため、交渉力、先を読む力、全体を見渡す力など、色々な能力が鍛えられるゲームです。
パターンも2兆通り以上ありますので、当然ながらまったく同じ展開になることがなく、何度やっても飽きないのも魅力です。
 
ボードゲームは準備や片付けが大変だとなかなかやらなくなってしまうこともありますが、こちらはその点でもやりやすいですよ。
 
寒い日が続いていますので、お休みの日に家でゆっくり家族でボードゲームなんていかがでしょうか♪