Ode to Joy!

子供とたくさん旅したい♪目指すは47都道府県制覇!

息子に読書習慣をつけたくて続けた二つのこと

 

読むジャンルはだいぶ偏ってしまってはいますが、私は基本的に読書が好きです。

現代はどんどん電子書籍化が進んでいますが、やはり紙の本が好みです。

そして、お風呂で本を読む時間は私の生活に欠かせないひとときです☆

そんな私が、息子にも本が好きになってほしくて、読書習慣をつけるためにせっせと続けた二つのこと。

・図書館通い

・寝る前の読み聞かせ

について書いてみたいと思います☺

 

 

目次

 

私が読書好きになったきっかけ

私自身は本を読むようになったのは、やはり親の影響だと思います。

父も母もわりとよく読書していましたし、子供の頃親が本だけはよく買ってくれたのが大きかったかもしれません。

誕生日のプレゼントも本が多くてたまには違うものが欲しい、、、と思ったことも一度や二度ではなかったと思いますが、すぐ使わなくなるおもちゃなどを買ってもらうよりよかったかもしれないな、と自分が親になった今は思います。

 

ポプラ社の電気シリーズや大草原の小さな家などのシリーズ物もいくつもあり、特に大草原の小さな家は大好きでよく読んでいたように思います。

小学館の「学習まんが少年少女日本の歴史」も大好きで何度も読んでいたおかげか、歴史は大の得意科目でした。

このセットは息子が春から3年生なのでそろそろ買おうかな~と思っています。

私が読んでいたころから30年以上経っているので、新しい巻も出てますし、

だいぶ改訂された部分もあるでしょうから、私もまた読めるのが楽しみです♪

 


 

 

息子にも本好きになってほしくて図書館通い

 

息子にも本が好きにな子になってほしいと思っていましたので、赤ちゃんのうちから読み聞かせ会に参加したりしてなるべく本に親しむ機会を作るようにしていました。

でも、そのころ住んでいた家からは図書館が遠く、あまり頻繁には通えませんでんでした。

 

その後、息子が3歳の時に今の家を購入したのですが、なんと家から徒歩3分ほどの距離に図書館が!

これ幸いとせっせと通うようになりました。

図書館では1回につき15冊まで借りれるので、2週間ごとに通って、月30冊。一年で360冊。

年中ぐらいまではそのペースで通っていましたので、かなりの数を読めたかと思います。

週に1回開かれる、ボランティアさんが絵本や紙芝居を読んでくれる「おはなし会」などにもよく行きました。

 

ただ、このころは息子はまださほど本に興味はなく、

読みたい本があれば2,3冊持ってくる程度で(まったく選ばない時もありました)、

だいたい私が全部選んでいました。

年長ぐらいからは習い事が増えてきたこともあり、

通うペースが空き始めてしまいましたが、読書習慣をしっかりつけるためにも、

図書館に行くのをやめないようにはしていました。

 

小学校に入り、一人で図書館に通うように 

 

小学校に入って少したった頃、

息子は、初めて一人で本の返却に行ったのをきっかけに、それからはどんどん一人で図書館に通うようになりました。

今では自分でタブレットで検索して借りたい本の予約をするようにもなって、予約した本が届いたという図書館からの電話を自分で受けてやり取りしたりしています。

 

人気の「かいけつゾロリ」シリーズや、「おしりたんてい」シリーズ、

「きゃべたまたんてい」「おばけずかん」シリーズなど次々と読破している息子。

 

「本って面白いよねー。オレ、本読むの好きー」

というセリフを聞いたときは、「よっしゃぁぁぁ!!」

と思わずガッツポーズでした!(^^)!

 

なぜ子供のうちから読書習慣をつけたかったか 

 

なぜ、子供のうちから読書習慣をつけたかったか。

読書量が学力に影響するという話もありますが、語彙力などは間違いなくつくように思いますが、将来的に学力に影響が大きいかと言うとそうは限らないように思います。

たいして本は読まなくても成績はいいという人はたくさんいますしね。

文章力がつく、、なんてことも聞いたことがありますが、本をよく読んでいたから文章力がつくということもないのは、私自身が今よく感じていますので、そんなこともないのではと個人的には思います。私だけかもしれませんが(^^;

 

なので、特に学力をつけるためというわけではありません。

読書が日々の生活の一部になるように育ってほしいとの思いからです。

大人になってからだと忙しくて読書習慣をつけるのはなかなか難しいように思うので…。

読書習慣がなく、今も必要に迫られないとほとんど本を読まない夫をそばで見ているので、なおさらそう思ってしまいます(;^ω^)

 

子供の頃から日常的に本を読む生活をしていると、

読書が特別なことでも面倒なことでもなく、日常生活の一部になりますよね。

私もそうです。

長年、お風呂でお湯に浸かっているときと、寝る前のひとときは読書タイムです。

 

息子にもそうなってほしかったので、そうなりつつある息子の姿を見れて、本当に嬉しいです。

 

でも、今後成長するにつれ、ゲームももっとやるようになるだろうし、

受験勉強が始まれば、ゆっくり読書どころではなくなるかもしれません。。。

でも、そういうときでも、息抜きにちょっと本でも読もうかなと思えるように、

今後も本を身近に育てていきたいなと思います☺

 

ずっと続けている寝る前の読み聞かせ 

図書館通いともうひとつ、本好きになってほしくて続けていることが寝る前の読み聞かせです。

小2になりましたが、息子がまだ読んでほしがるので、まだ続けています。

最近は「まんが日本むかしばなし101」を読み終えたので、

 

決定版 まんが日本昔ばなし101 (決定版101シリーズ)

決定版 まんが日本昔ばなし101 (決定版101シリーズ)

 

 

こちらの2冊を読んでいます。

 

 

「あたまのいい子を育てるおはなし366」は、

童話、日本の昔話、日本神話、ギリシャ神話、日本の名作、世界の名作、などなど

たくさんのジャンルのお話が1ページにまとめられています。

すでに知っているお話も多いですが、「これ面白い!」と思った話は、

自分で図書館でフルバージョンを探したりしているようなので、

読む本の幅を広げるきっかけにもなっています。

 

 

頭のいい子を育てるおはなし366―1日1話3分で読める オールカラー

頭のいい子を育てるおはなし366―1日1話3分で読める オールカラー

 

 

 

「科学のふしぎな話365」は、日本科学未来館が監修した本です。

 

物語ばかりでなく、こういうのも新鮮かなと買ってみましたが、

たくさんの身近な「なぜ?」がわかり、とてもいいです!

ちょっと難しい内容もあるので、

はじめは子供が興味を示した部分だけ読んで、

大きくなってからまた読むのもいいと思います。

 

 

好奇心をそだて考えるのが好きになる 科学のふしぎな話365 (ナツメ社こどもブックス)

好奇心をそだて考えるのが好きになる 科学のふしぎな話365 (ナツメ社こどもブックス)

 

 

 

この2冊合わせて731話なので、さすがにこの2冊を読み終えるころには、

読み聞かせも終わりですかね~。

いや、4年生ぐらいまでは続けようかな(^^)