Ode to Joy!

子供とたくさん旅したい♪目指すは47都道府県制覇!

2019GWの旅⑥日本の原風景の中で子供も楽しめる!下呂温泉合掌村

 

こんばんは!はるママです☺

なかなか進まない2019GWの旅シリーズ💦

この調子だと書き終わる前に夏休みに入ってしまいそうなので(^^;、ちょっとペースを上げていきたいところです‼

 

さて、今回は前回の五箇山見学編の続き、下呂温泉編です。

 

前回の記事はコチラ↓

 

www.smile-haru.com

 

まずは下呂温泉合掌村編からです。

では、いってみましょう~♪

 

目次

 

日本の原風景の中で楽しめる下呂温泉合掌村

ななもり清見でランチを済ませたら、下呂温泉へ。

五箇山から下呂温泉への移動時間は車で2時間弱です🚙

 

下呂市に入ったあたりでちょっとお茶タイムしたこともあり、着いたのはもう15時頃でした。

 

下呂温泉合掌村 看板

 

五箇山でたっぷり合掌造りの家を見てきましたが、ここにも白川郷から移築された10棟の合掌造りの家屋があります。

 

 

 

 

下呂温泉合掌村

 

 う~さ~ぎ、お~いし、か~の~や~ま~♪なんて歌いだしたくなる雰囲気。

下呂温泉合掌村

 

国重要文化財にも指定されている旧大戸家住宅では、内部も見学できます。

下呂温泉合掌村 旧大戸家住宅

こちらは主婦の間。

下呂温泉合掌村 

 

囲炉裏の間では火が焚かれていました。そばに座るとなんだかとても落ち着いて、火を眺めるだけの時間がとても贅沢に感じられます。。。(息子はすぐに飽きてましたが😅)

旧大戸家住宅 囲炉裏

 

 講義をしているらしき人形の前に息子をちょこんと座らせてみたら、近くにいた若いお姉さんグループに大ウケでした(笑)

下呂温泉合掌村 旧大戸家住宅

 

2階では養蚕作業の様子が再現されています。

下呂温泉合掌村 旧大戸家住宅

 

かえるは下呂温泉のマスコット

下呂温泉の「げろ」がかえるの鳴き声「ゲロゲロ」と一緒ということで、下呂温泉ではかえるがマスコット的存在のようです。

 

駐車場からの近道入り口にもかえるマーク🐸

下呂温泉合掌村 駐車場

 

 噴水にもかえる🐸

下呂温泉合掌村 噴水のかえる

 

こちらは世界中のかえるを集めたという「かえるの館」

下呂温泉合掌村 カエルの館

 

下呂温泉合掌村 かえるの館

 

かえるの館にはボールを打って遊べる遊具で遊べます。子供は喜びますね♪

下呂温泉合掌村 かえるの館

 

こちらはかえる神社

下呂温泉合掌村 かえる神社

 

縁起の良い六かえる(若ガエル、無事カエル(交通安全)、銭カエル、迎カエル(結婚)、人を迎える(商売繁盛)、無くしたものを迎える)が鎮座している神社です。

 

 

下呂温泉合掌村にはもう一つ神社があり、料理の神様といわれる3地域(栃木県・島根県・茨城県)の神様を合祀した神社、飛騨高椅神社があります。調理人の方などが料理の腕が上がるようにと参拝されるそうですよ。

 

紙漉き、陶芸など体験施設も豊富

 

下呂温泉合掌村では、陶芸、紙漉き体験、陶器の絵付け体験など、様々な体験ができます。

 

下呂温泉合掌村 工房

下呂温泉合掌村 陶器の絵付け

 

陶器の絵付けは子供でもやりやすいマジックペンでの絵付け体験もあります。 

我が家は着いたのが15時だったのでできませんでしたが、こういった体験をしながらのんびり過ごすのもいいですね~。

 

こちらは旅の足跡板

下呂温泉合掌村 旅の足跡版


作った足跡板は村内に展示され、10年以内に再訪すれば持ち帰ることができるそうです。(1枚1,100円)

 

体験施設について詳しくはこちらから↓

体験施設|下呂温泉 合掌村 公式ホームページ

 

あると嬉しい!写真スタンド

下呂温泉合掌村の村内には、写真スポットにこのような写真スタンドが設置されています。

これ、ありがたいですよね~!周りに頼めそうな人がいなくてもみんなで写真が撮れますしね☺

この日は令和初日だったので、日付入りの写真を撮れるようになっていた場所もあり、いい記念になりました♪

 

下呂温泉合掌村 写真スタンド

 

下呂温泉合掌村は子連れで楽しみやすいおススメスポット!

 

合掌造りの家屋で昔の生活に触れ、様々な体験施設もあり、体を動かしたくなったら長いローラー滑り台もありと、下呂温泉合掌村は子供もとても楽しめるスポットです。もちろん村内で食事もできますし、足湯もあるので疲れたら足湯に浸かって一息ついたりもできますよ♪

 

下呂温泉 合掌村 公式ホームページ

 

このあと、この日の宿、湯之島館へ。

 

 

この旅で唯一贅沢したお宿なのですが、ここがとっても素晴らしいところでした。

その⑦、湯之島館宿泊編へ続きます☺