山陰地方の旅⑤ユネスコ世界ジオパークにも認定されている浦富海岸でシーカヤック


 
2019年夏の旅その⑤。

4日目は岡山の蒜山高原から今回は鳥取の浦富海岸へ向かいます。

前回の記事はこちら↓

目次

山陰地方有数のパワースポット大神山神社奥宮へ

浦富海岸へ向かう前にまたまた神社巡りです。

山陰地方で有名だというパワースポット「大神山神社奥宮」(おおがみやまじんじゃおくのみや)へ行ってきました。

大神山神社奥宮は大山を御神体とする神社で、開運、縁結び、病気平癒、交通安全、勝運などのご利益があるそうです。

浦富海岸まで距離があるので、時間的にはちょっと厳しかったのですが、ガイドブックで見てとても気になり、早めにチェックアウトして行くことにしました!

この旅で3つ目の神社。息子は「もう神社はお腹いっぱい~」という感じでしたが、それでも付き合ってくれました。 

参道にあったお福分けポスト。お手紙を送ってご利益を分かち合うポストです。

f:id:smile-haru:20200717150440j:plain

到着!近くに駐車場あります。 

f:id:smile-haru:20200716165217j:plain

たくさんの木々に囲まれてマイナスイオンたっぷりの参道。

本殿まで700メートルあり、石畳を敷き詰めた参道としては日本一の長さだそうです。

f:id:smile-haru:20200716165351j:plain

この石畳の道がずっと続きますので、歩きやすい靴で行きましょう!

大山の湧き水の御神水。延命長寿のご利益があるようです。f:id:smile-haru:20200716165841j:plain

拝殿まであと少し!なかなかいい運動になります。

f:id:smile-haru:20200716165903j:plain

受付が開くちょっと前についてしまったのですが、快く御朱印も書いてくださいました。

時間的に厳しかったけど、本当に行ってよかったです。

身も心もスッキリと浄化されるような神社でした。

浦富海岸の岩美町渚交流館へ

大神山神社奥宮の参拝を済ませたら、浦富海岸へ🚙

道も空いていたので、なんとか間に合いました。

急いで昼食タイム。集合場所の近くにあった食事処「あじろや」で、

名物だというイカ墨カレーをいただきました。美味しかったです♪

f:id:smile-haru:20200716182805j:plain

「あじろや」は浦富海岸島巡りの遊覧船乗り場内にあります。

食事を済ませたら、集合場所の岩美町立渚交流館へ。

こちらでは浦富海岸でのシーカヤックのほか、シュノーケリングやSUPなどの体験も受け付けています。

f:id:smile-haru:20200716182115j:plain

着替えは交流館の外にある更衣室で。更衣室はエアコンがなく蒸し風呂状態でした💦

準備ができたら、いよいよシーカヤックに出発です!

ちなみに、シーカヤックはずっと海の上で直射日光浴びまくりになりますので、日焼け止めのほか、ラッシュガードやトレンカ、帽子などをお忘れなく!

山陰海岸ジオパークの一部の浦富海岸

浦富海岸は山陰海岸ジオパークの一部です。

山陰海岸ジオパークは、兵庫県東は京都府京丹後市の経ケ岬から、西は鳥取市の青谷海岸までの東西120キロ、南北最大30キロにおよぶエリアに広がっています。

浦富海岸エリアは、海岸部のほかに、岩見温泉やカキツバタ群落といった、街中のものも含めてジオパークに認定されているそうです。

f:id:smile-haru:20200716194600j:plain

浦富海岸のある岩美町という町の名にふさわしい、美しい岩がたくさん。

水も透明度が高く、とても綺麗でした。(シュノーケリングもしたかった!)

貴重品は車に置き、飲み物だけ持っていざ出発!

暑い中ずっと漕ぎ続けるので、飲み物は500㎖2~3本は必要です。

息子も一人乗りにチャレンジ。頑張って漕ぎました!

自然によって作られた奇岩や海食洞、段壁などを見ながら進みます。

洞窟にも入ったりしますよ!

浦富エリアの絶景ポイントの一つ、千貫松島も通り抜けできました。

f:id:smile-haru:20200718110525j:plain

途中、小さな海岸に上がって休憩タイム。

f:id:smile-haru:20200716210822j:plain

ここからは折り返しです。

トータル1時間半ぐらい漕ぎますが、6歳から参加できる初心者用のコースなので、初めての息子も最後まで元気に楽しめました。

ただ暑さのせいか、帰りは力尽きてしまい引っ張ってもらってる方もいましたので、真夏の時期は体調をよく見ながらにしたほうがよさそうですね!

浦富海水浴場で海水浴

シーカヤック体験が終わったら、その場で解散となります。

車で来た人はそのまま車で着替えるか、集合場所の岩美町立渚交流館へ戻って着替えるか、どちらでもOKです。
送迎車の人は交流館に戻ります。

我が家はレンタカーだったので、そのままシートにビニールを敷き、水着のまま移動し、浦富海岸で海水浴をしていくことにしました。

浦富海岸は解散場所からすぐ近くにあります。

f:id:smile-haru:20200717152728j:plain

ゆっくりしたかったのですが、宿まで1時間ほどかかるので、30分ほど遊んだら4日目の宿泊先、三朝温泉へ向かいました。

その⑥へ続きます!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる