Ode to Joy!

子供とたくさん旅したい♪目指すは47都道府県制覇!

2019GWの旅②ファミリーにおススメ!木の温もりに包まれるカナディアンビレッジに宿泊

 

こんばんは!はるママです☺

 

GW長野~富山~岐阜旅行編その②、ログハウス宿泊編です。

1日目前半の記事はこちら↓

 

www.smile-haru.com

 

 

このログハウスがとっても素敵で!

また機会があればぜひ行ってみたいお気に入りの宿となりました。

では、いってみましょう~♪

 

目次

 

1日目の宿泊はカナディアンビレッジモントリオール

 

国営アルプスあづみの公園を出たら近くのスーパーで買い出しを済ませ、1日目の宿泊先「カナディアンビレッジモントリオール」へ。

国営アルプスあづみの公園からは30分ほどで到着します。

 

 

カナディアンビレッジモントリオールには、カナダ直輸入の材を使用して、カナダの職人の手で組み上げられたという20棟のログハウスがあります。

 

夏もいいですが、クリスマス時期も素敵そうな雰囲気♪

カナディアンビレッジモントリオール

 

川沿いのコテージは東屋付き

 宿泊したコテージです。

 

 

カナディアンビレッジモントリオール コテージ

 

カナディアンビレッジモントリオールには

・Aタイプ(4人用)

・ARタイプ(4人用東屋付き)

・Bタイプ(2階建て6人用)

の3つのタイプのコテージがあり、我が家はARタイプのコテージにしました。

ARタイプはリバーサイドになり、庭にBBQ用の東屋があります。

屋根付きなので雨の日でも大丈夫です☺

 

カナディアンビレッジモントリオール コテージの東屋

 

コテージから川へは階段を降りればすぐです。鳥の声と川のせせらぎ・・・癒されます。

 

カナディアンビレッジモントリオール 近くの川

 

室内はとても綺麗!備品も充実!

木の香りに包まれる室内。なんだかホッとします。

カナディアンビレッジモントリオール リビング

 

カナディアンビレッジモントリオール キッチン

ぐっすり眠れそうな寝室は(実際とってもよく眠れました😌)2部屋あります。当然お酒を飲むといびきがすさまじい夫が別室です(笑)

カナディアンビレッジモントリオール 寝室

すぐ近くの温泉へ行けるので使用しませんでしたが、浴室は脱衣スペースが広くて使いやすそうでした。

カナディアンビレッジモントリオール 浴室

 

冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、食器類、調理器具。

たいていのものは揃っています。

カナディアンビレッジモントリオール 備品

夜はBBQと温泉

BBQではオプションで溶岩石&バーベキューコンロセットをレンタルしました。

溶岩石で焼いたお肉は焦げずに柔らかく焼けるそうです。

ただ、石を温めるのに時間がかかるので、レンタルする場合はちょっと時間に余裕を持って始めたほうがいいです。

我が家はすっかりお腹が空いてしまっていたので、焼きそばをキッチンで調理してつまみながら待ちました(^^;

 

カナディアンビレッジモントリオール BBQ

 

BBQの材料は用意してもらうこともできますが、我が家はいつものこちらのお肉を持参しました。

 

 

家から食材を運んだ保冷バッグはこちら↓いつもながらしっかり冷やしておいてくれます。

  BBQの後片付けはスタッフの方がやってくださるので、食べ終わったらそのままで大丈夫です。ありがたいですよね~!ゴミだけきちんと片付ければOKとのことです。

 

BBQでお腹いっぱいになったら歩いてすぐの長野大町温泉郷の温泉へ。

フロントで黒部観光ホテルや日帰り温泉「薬師の湯」などの割引券がもらえます。

 

我が家は広い休憩スペースがあって待ち合わせがしやすそうだったので、薬師の湯へ行きましたが、GWということもあってか、かなり混雑していました。

調べてみたら黒部観光ホテルもロビーが広くて待ち合わせしやすそうでしたので、また行く機会があったら今度はそちらに行ってみたいです☺

 

 

カナディアンビレッジモントリオール、スタッフさんもとても感じが良く、とても快適に過ごせるステキなコテージです♪

 

カナディアンビレッジモントリオール

 

2日目、富山編に続きます。