Ode to Joy!

子供とたくさん旅したい♪目指すは47都道府県制覇!

2019夏の旅⑥ラジウム泉に癒される三朝温泉とラクダに癒される鳥取砂丘

スポンサーリンク

 

 

2019夏の旅、その⑥。

鳥取県の浦富海岸から4日目の宿泊地、三朝温泉へ向かいます。

 

前回の記事はこちら↓

 

www.smile-haru.com

 

 

最終日は鳥取砂丘へ行ったのですが、そこで大変な目に・・・💦

詳しくは記事後半で! 

 

 

 

日本屈指のラドン泉、三朝温泉に宿泊

 

浦富海岸でシーカヤック体験を終えたら、この日の宿泊地、三朝温泉へ。

 

三朝温泉の温泉は世界屈指のラドン泉(放射能泉)だそうで、

「みたび朝を迎えると元気になる」と言われている、湯治でも有名な温泉です。

 

子連れにおススメ!「三朝館」

 

宿泊したのは「三朝館」

三朝橋のたもとにあります。

f:id:smile-haru:20200721111405j:plain

 

 

泊まったのはこちらの大部屋タイプのお部屋。

和室2部屋がつながったタイプで、ベッド2つが入ります。

毎度ながら、夫のイビキ対策のためこのようなお部屋にしたのですが(和洋室ははなれのお高い部屋しかなかったので)、

「大部屋でのご予約になっていますがお間違いないでしょうか。」と、丁寧な確認のお電話をいただきました。

3人なので不思議に思われたんでしょうね(^^;

f:id:smile-haru:20200721111435j:plain

 

食事は個室でいただきます。鳥取和牛など地元素材を生かしたお料理です。

f:id:smile-haru:20200721111852j:plain

 

追加で頼んだ、鳥取の幻のグルメともいわれるもさ海老。すごく美味しかったです!

f:id:smile-haru:20200721113727j:plain

 

食後は入り口横で開催している夏まつりへ!

射的、ボーリング、輪投げ、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい、ガチャガチャなど、たくさんのゲームがあります。

夏休みはこういった夏祭りを開催する宿が多いですが、ここは今まで行った中でも一番かなと思ったぐらい、内容が充実していました。

景品も豪華で、息子も見事ラジコンをGET!

従業員のみなさんの対応もとても優しくて、利益より子供たちを楽しませるためにやってくれているのが伝わってくる、あったかいお祭りでした。

あちこちで色々ともらえるので、子供は大喜び間違いなしですよ☺

 

f:id:smile-haru:20200721111445j:plain

 

私たちが宿泊したときは日程が合わずだったのですが、

夏休みには毎年花火も行われています。

今年も7/21~8/9までやるようですよ!

 

 

詳しくはこちらに出ています↓

misasaonsen.jp

 

ラジウム泉は飲んでも高い効能があるとのことで、飲泉もできます。

f:id:smile-haru:20200725174801j:plain

 

他にも、大浴場にはバラ風呂があったり、楽しみの多い素敵な宿でした。

 

 

 

旅の締めは鳥取砂丘へ

 

5日にわたる山陰旅行も、あっという間に最終日。

旅の締めは鳥取砂丘です。

三朝館からは50分ほどで到着です🚙

 

f:id:smile-haru:20200722195112j:plain

 

 砂丘センターに車を停めて、観光リフトで砂丘へ向かいます。

(もちろん徒歩でも行けます!)

 

f:id:smile-haru:20200724182154j:plain

 

 リフトからの眺めはこんな感じ

f:id:smile-haru:20200724182837j:plain

 

砂丘に到着~!!!青空と砂丘のコントラスト。素晴らしい眺めでした。

f:id:smile-haru:20200722195143j:plain

 

灼熱の砂丘はやけどに注意!

 

本当に素晴らしい眺めの鳥取砂丘ですが、夏の砂丘はとにかく暑いです。

日影がまったくありませんので、帽子、飲み物など暑さ対策をお忘れなく!

 

まずは「馬の背」と呼ばれる砂丘の丘を登ってみることに。(↓の写真の部分)

近くでみると高さもかなりあり、迫力たっぷりです。

 

f:id:smile-haru:20200724183322j:plain

 

さて、このあとが大変でした。 

真夏の灼熱の砂丘に、うっかりビーチサンダルで挑んだ私たち。

平らな道を進むうちは良かったのですが、

斜面を登り始めると、真夏の陽射しで熱~~くなった砂がサンダル履きの足にガンガン入ってきます。

これが、めちゃめちゃ熱くて痛い(>_<)!!

砂だからサンダルのほうがサッと洗えて帰り楽だよねーなんてお気楽に考えていたことを後悔するも、時すでに遅し。。。

なんとか丘の上まで行きたくて家族3人ヒーヒー言いながら頑張ったのですが、

もう少しで上に着くというところで、足の裏が痛すぎて私と息子がリタイア。

一人で行こうとした夫も、「なんとか行けても帰りが厳しいかも?」と不安になり、引き返してきてしまい、結局誰も丘の上には行けずでした(^-^;

一度車に戻って、スニーカーに履き替えてもう一回行こうかとも思ったのですが、ものすごい暑さの中駐車場まで戻る気力がなく、あきらめました。

 

あ、夏でも早朝や夕方なら裸足で歩けるそうですので、夏は朝早くか夕方がベストなのではないでしょうか。

 

ちなみに、帰りに気づいたのですが、長靴のレンタルもあるようです。

私たちが行った時は、履いている人は見かけませんでしたが、

靴に砂が入るのが嫌な人や、我が家のようにサンダルで来てしまって熱くて歩けない!って場合にはいいかもしれませんね。

 

ラクダに乗ってみた

 

砂漠(砂丘ですが)といえばラクダ。

というわけで、せっかくなのでラクダに乗ってみました!

f:id:smile-haru:20200724183304j:plain

注:ラクダは乗られる方以外は撮影禁止だそうです

 

100メートルぐらいの距離をぐるっと周ります。

f:id:smile-haru:20200724183254p:plain

  

可愛いラクダに癒されながら、ゆったりと砂丘の景色を楽しめました。

砂でやけどしかけた足の裏の痛みも忘れる心地よさでした。

 

鳥取砂丘ビジターセンターの横にある足洗い場で足を洗って中に入ると、ちょうど風紋がどのようにできるかなどを解説してくれるプログラムが始まるところだったので、参加してみました。

 

f:id:smile-haru:20200724182231j:plain

 

砂丘にやってくる動物や、砂漠と砂丘のちがいなど色々なお話が聞けました。

ちなみに、砂漠と砂丘の違い

砂漠は、砂や岩石でできている広大な荒れ地。年間雨量が250mm以下

砂漠というと砂というイメージですが、岩石でできた砂漠などもあるらしいです。

砂丘は、風に寄って運ばれた砂が堆積して丘になったもの

鳥取砂丘の場合は海岸にできる海岸砂丘だそうです。

(うろ覚えだったのでちょっと調べてみました) 

 

鳥取砂丘についてはこちらで詳しく知ることができます↓

(長靴のレンタルについても書いてありますよー)

 

www.sakyu-vc.com

 

迫力ある作品がズラリ!砂の美術館

そのあとは、駐車場の隣にある砂の美術館へ。

 

鳥取砂丘 砂丘美術館

 

このような大迫力の作品がたくさんあり、見ごたえがありましたが、

時間がなくササーっとしか鑑賞できなかったのが残念です💦

 

時間があれば、鳥取砂丘こどもの国も行ってみたかったです。

砂丘を周辺含め満喫したかったら丸1日は必要だなと思いました。また機会があれば、今度はもっと時間をたっぷり取って行きたいです。

 

 

謎解きラリーも!楽しい鳥取砂丘コナン空港

帰りは鳥取砂丘コナン空港から。

その名の通り、コナンがいっぱいの空港でした。

作者の青山剛昌さんが鳥取の東伯郡北栄町というところの出身だそうで、

鳥取には「青山剛昌ふるさと館」や「コナンの家」などもあるそうです。

コナン空港にも写真スポットや、コナングッズの展示などコナンがいっぱいでした。

 

 

f:id:smile-haru:20200726142636j:plain

 

スタンプラリーや謎解きラリーなどもやっていて、出発までの時間を楽しく過ごせます。こういうの他の空港でもやってほしいな~。

 *現在スタンプラリーや謎解きラリーは休止中のようです

 

以上、2019年夏の旅でした。

長々とお読みいただきありがとうございました♪