Ode to Joy!

毎日に少しのヨロコビを♪

テキスト類の整理と、「子どもが天才になる食事」

スポンサーリンク

 

すっかり大きなデスクと化し、息子の塾のテキスト類や文房具で埋まってしまいつつある我が家のダイニングテーブル。

(食事はダイニングテーブルをいちいち片付けるのが面倒で、リビングテーブルでテレビを見ながら食べるスタイルが定番になりました😅)

 

5年生になってテキスト類がだいぶ増えてきたこともあり、重い腰を上げ、整理することにしました。

 

 

ファイルワゴンを購入して整理

 

朝からせっせとD・I・Y。(組み立てるだけですが~)

 

f:id:smile-haru:20210626095850j:plain

 

テレビを見ながらタラタラ作り、40分ほどで完成ー!(慣れた方なら半分の時間でいけるかと)

ファイルボックスも色つきのものにチェンジしてみました。

 

 

f:id:smile-haru:20210626095957j:plain

 

予習シリーズを使用しているなら、こちらのファイルボックスはおススメ!

テキストカラーの4色がしっかり入っています。

見分けがつきやすくなり便利ですよ~。

 

 

 

 

ファイルワゴンはテーブルの色に合わせて、ダークブラウンのこちらを購入。

不器用&めんどくさがりの私でも簡単に組み立てられました!

 

 

 

小物類も整理

ついでに、筆記用具や付箋、クリップなどの文房具類も、1つの収納にまとめました!

 

f:id:smile-haru:20210626134855j:plain

 

 

テーブルの上からファイルボックスが消え、文具類もコンパクトにまとまったことで、かなりスッキリしました。

 

プリント類は無印のファイルボックスに

塾のオリジナルテキストや、テストなどのプリント類は、テーブル横の壁掛けラックに置いた、無印のファイルボックスへ。

 

f:id:smile-haru:20210626140435j:plain

 

1か月ごとにテストがあるので、直近1か月の分はいつでも確認できるように手元のファイルボックスに入れておき、
テストが終わって次のターンに入ったらこのボックスにドサ―ッと移しています。

 

 

 

テーブルの上もスッキリして、これで息子もますますやる気UP!!!

 

という様子は、残念ながらまったくないですが🤣、
テーブルが広くなってやりやすくなった!とは言ってくれてます。

 

子どもが天才になる食事

 

さて、タイトルにもある最近読んだ本、「子どもが天才になる食事」

 

子どもが

 

 

 

中学受験塾「伸学会」の代表、菊池洋匡さんと、
その弟で栄養学イノベーションコミュニティ代表の菊池則公さんが書かれた本で、 

子どもの能力は15歳までで決まり、それは食事の栄養からの部分が大きいこと、

そのためにどのようなものを避け、どのような栄養素を摂ると良いかなど、参考レシピなどと共に詳しく書かれています。

 

子どもが天才になる食事

 

後天的な外部環境によって遺伝子の発現が変わってくる

近年、先天的な遺伝(どのような特徴を持つ脳であるかや、体など)のほかに、

後天的な外部環境によって「遺伝子の発現」が変わるということがわかってきたそうで、

子どもの能力は生まれ持った遺伝子で決まってしまう部分があるのは確かなのですが、
持っている遺伝子の情報すべてが発現するわけではなく、オンとオフの切り替えスイッチのようなものがあり、そのスイッチ(DNAスイッチというらしい)が入らないと現れないものもあるということがわかってきているそうです。

 

そして、そのスイッチは後天的な外部要因の中でも食べ物、つまり栄養素からの影響を強く受けるのだそうです。(外部要因のうち70%!)

 

いかに優秀な両親から生まれたなどの遺伝子を持って生まれてきても、摂取する栄養素によってはそれが発現することもなくなってしまうこともあるし、

逆に親がそれほど勉強が得意でなくても、十分な栄養素を摂取し続けることで、DNAスイッチがオンになり、子どもは勉強が得意になるという可能性は大なのだそうです。

 

日々の食事は、健康だけでなく、こんなところにも影響があるのですねー。

 

そのほか、毒メシとされるもの(小麦粉、乳製品、甘い菓子など)についてや、添加物についてなども色々と書かれています。

著者が運営する中学受験塾「伸学会」でも、保護者に食事指導をしたところ、子どもたちが落ち着いて授業を受けるようになり、
集中力、やる気もUPし、成績も向上という結果が出ているのだそうで、習い事より食事にお金をかけましょう!とも書かれています。

 

我が家の場合、添加物については十数年前に「食品の裏側」という本を読んで以来それなりに気を付けてはいて、パンや麺類もなるべく週2回ぐらいまでにしたりはしていますが、

乳製品を摂っていたり、ついつい甘いものを食べてしまったりと、まだ改善点はありそうかなーという感じです。

 

「 食品の裏側もおススメ!」

食品添加物の専門商社に勤めていた方が書かれた、「食品の裏側」もおススメです!

「子どもが天才になる食事」と同じようなことが書かれている部分も多いですが、より詳しく添加物や加工品などについて知ることができます。

ちょっと怖くなるような話も出ていますが、知っておいて損はないことばかりです。

 

今の時代、添加物を一切摂らないというのはかなり難しいことだとは思いますが、
これだけは絶対摂らないようにしようなどの、自分なりの基準を作るのにもいい本だと思います。
子どもに食べさせないほうがよい添加物についてなども詳しく書かれています。

 

 

 

 

改めて日々口にしているものをしっかり見直してみたいなと思いました。 

 

お読みいただきありがとうございました(^^)/